Loading...

1WEEK BUYMAを理解する

1WEEK  BUYMAを理解する

    この項目では、BUYMAの全体像について理解していただきます。
バイマそのものに関する理解やパーソナルショッパーとしての考え方や、
これから継続して稼いでいくために必要なことを理解していただこうと思います。
 
    まずBUYMA(バイマ)とは
 
こちらがバイマのサイトです。
BUYMA(バイマ)のオフィシャルの 説明は下記になります。 BUYMA : https://www.buyma.com/
  
250万人以上が利用する、 海外ファッション通販NO.1サイト BUYMAは、海外在住のパーソナルショッパー(出品者)から世界中のアイテムを購入できるソーシャルショッピングサイトです。 欲しい商品がなかなか見つからなかったことや、遠くて買いに行けなかったことはありませんか?そんな経験がある方のために、BUYMAは誕生しました。 引用: BUYMA.com ファッション通販サイト
 
 
基本的に出品者というのは海外在住の日本人というところからスタートしています。
 
しかし、今現在は、海外在住者よりも日本在住者の副業や複業として在宅ワークとして浸透しています。
 
さらに、しっかり活動すれば月に20万〜100万とかの利益を稼ぎ続けることも可能です。
 
皆さんは、今は初心者だと思いますが、しっかり活動すれば3ヶ月から半年くらいで30万前後の収益として成果が出てきますので諦めずに進めていきましょう!
 
    ショッパーとしての基本的な活動の流れ
 
パーソナルショッパーとしての基本の流れを説明します。
 
それぞれの活動には意味があり、コツみたいなものはありますが、全体の流れは難しくないのでまずは、理解をしてください。
 
①バイマの中で何が売れているのか確認
 
②それが海外でいくらなのか確認
 
③価格差があり、利益がでるのであれば出品
 
④注文が入ったら買い付け
 
⑤商品が届いたら検品
 
⑥問題がなければ梱包して発送
 
以上の6段階ですが、順にポイントを解説します。
 

   ①バイマの中で何が売れているのか確認

 
いわゆる商品リサーチです。
 
商品リサーチの詳細は3週間目のカリキュラムにありますのでここでは流れとして理解をしてください。
 
リサーチ方法は複数ありますが、大切なのは基本を理解することです。
 
理解せずにノウハウばかり追いかけて成果が出ない人も多いです。
 
基本を理解していれば、応用して独自のリサーチ方法はいくらでも増やしていけます。
 
基本を理解せずに、ネットの多様な情報に惑わされてリサーチしても成果が出にくいです。
 
例えば、ファッション雑誌を読むとか、世の中のトレンドを先読みするとか、ブランドのショップめぐりをするとか、そういったことは、はじめは意識する必要はありません。
 
とにかく、BUYMA(バイマ)のサイト内で売れる商品もしくは売れている商品を見つけられるリサーチを意識してください。
 

   ②海外でいくらなのか確認します。

 
いわゆる仕入先リサーチです。
 
これも3週間目のカリキュラムで詳細を学びます。
 
仕入先リサーチは皆さんが課題と感じている項目だと思います。
 
中には仕入先リサーチさえマスターすればBUYMAで稼げると思っている人もいます。
 
しかし、仕入先リサーチは商品リサーチより重要度は低いです。
 
なぜかと言うと、BUYMA内で販売されている一つの商品に対して仕入先の数はかなり限定されます。
 
皆さんが思っているほど仕入先は沢山存在しません。
 
また、誰も見つけていないような特別なルートもそんなにはありません。
 
でも、十分稼ぐことは可能です。
 
BUYMAで稼ぐために意識していただきたいことの一つで、どこに力をいれてどこの力を抜くのか、その行為を捨てるのかということです。
 
ここで言うと、仕入先を追求することを捨てると言うことです。
 

   ③価格差があり、利益がでるのであれば出品

 
見つけた商品のBUYMA内最安値と海外仕入先の価格差を計算します。
 
最安値で出品しても利益が取れるようなら出品します。
 
計算式はこちらです。
 
BUYMA販売価格-商品仕入れ価格-商品関税-海外からの送料-BUYMA手数料-国内送料(こちら負担の場合)
=商品の利益
 
BUYMA販売価格・・・バイマ内の最安値を確認してください。最安値じゃなくても売る方法、いわゆる高値売りもできますが、まずは最安値で利益が出るものを探してください。
 
商品仕入れ価格・・・海外サイトで販売されている金額です。正確な金額を確認するには、一度決済画面まで進んでください。
決済直前まで進めば、送料が追加されたり、関税が計算されたり、VATが控除されたりして正式な金額が表示されます。
 
商品関税・・・商品にかかる関税を計算します。関税は自分でおおよその金額を計算しますが、サイトによっては先払いのサイトもありますので、決済画面で確認します。
 
海外からの送料・・・購入サイトから日本までの送料を確認します。決済画面まで進めるか、サイト内のShipping infoやDelivery infoなどで確認します。はじめのうちは、サイトから日本へ直送ができて送料も無料のサイトが扱いやすいです。
 
BUYMA手数料・・・販売価格に対して7.56%を掛けたものが手数料になります。販売価格は最終的に決めますが、最初に確認した最安値価格が販売価格になります。
 
国内送料・・・国内送料はこちら持ちでもお客様負担でも出品はできますが、販売しやすいのはこちら持ちにした方がお客様もわかりやすいのでそうしてください。
配送方法はその商品に合わせて、サイズや重さを考慮して決めます。郵便局、佐川急便、ヤマト運輸、特にどこが良いということはないので、一番安い配送方法を調べましょう。
 
 

     ④注文が入ったら買い付け

 
リサーチと出品を繰り返した先に注文が入ります。
 
注文が入ったらお客様へお礼のメッセージを送り早速商品を買い付けします。
 
元々、仕入先として予定していたサイトで購入手続きをとりますが、もし在庫がない場合は
他のサイトを探し、利益が出るなら他から仕入れても大丈夫です。
 
多くの購入サイトはクレジットカードかPaypalのどちらかでの決済になります。
 
Paypalを使用するとクレジットカードの手数料に加えてPaypalの手数料がかかりますので
クレジットカードで購入できるところクレジットカードで購入します。
 

   ⑤商品が届いたら検品

 
購入した商品は自分の自宅に届くように購入します。
 
そして届いたら自分で検品をします。検品といってもサイズや色の確認。汚れや破損がないか等、誰でもできる検品です。
 
その商品が本物かどうかの検品は、仕入先を調べる際に仕入先の安全性を調べているので、
届いた商品は本物という前提で扱えば大丈夫です。
 
万が一、商品に間違いがあったり不良品が届いた場合は、仕入先のサイトにメールやチャットで連絡して交換や返品の対応となります。
 
基本的にそのようなトラブルは少ないですが、もし発生しても落ち着いて対応すれば大丈夫です。
 
むしろ経験値が積まれることで次回以降不安なく取引できるようになるので、起こってしまった時は冷静に対応しましょう。
 

   ⑥問題がなければ梱包して発送

 
検品して問題なければお客様へ発送して完了となります。
 
発送の際の梱包ですが、届いた状態が綺麗な箱であればそのままでも問題はありません。
 
海外から届いた状態が悪かったり、ビニール袋だったりするとそのまま発送すると印象が悪いので綺麗なものに入れ替えて発送しましょう。
 
梱包の綺麗さも評価の対象となりますので、評価の対象となる項目は特に注意が必要です。
 
梱包資材は、近所の資材屋さんで購入するかネット通販で取り寄せしましょう。
 
必要なサイズのダンボールと、プチプチと言われる緩衝材と箱を閉じるビニールテープがあれば大丈夫です。
 
そこで人と差をつけたい場合は、箱を色付きダンボールにするとか、メッセージカードを入れるとか、粗品やおまけを入れるなどありますが、シンプルに綺麗な箱で届けば問題ありません。
 

梱包袋

https://www.askul.co.jp/p/P076713/

緩衝材

https://www.askul.co.jp/p/650444/

などを組み合わせれば1つに対して100円以内で綺麗に梱包できるようになります。

ある程度サイズの大きい冬用のダウンや箱に入っているタイプのシューズなどは梱包袋をもうワンサイズ大きいのをストックしておけば問題ないと思います。

ダンボールに関してはその方が丁寧ですが家の中での置きスペースにも困りますし梱包袋よりも割高です。

   まとめ 

 
というわけで、BUYMAについて全体の流れを説明しました。
 
おそらく難しく感じるところは、『関税について』などだと思いますが、そこは悩むところではなく、決められている一般的なルールを理解すればいいだけです。
 
実際に活動するとそんなところよりも、売れる商品が見つからないとか、
仕入先がわからないとか、出品に時間がかかるとかそちらの方が大きな課題となります。
 
この場では、全体の流れの理解をしてください。
 
関税、消費税については、ネットで調べてみてわからないことは、チャットで質問してください。
 
 
 
小課題としてこちらの記事に関する感想/感じた事/学んだ事をチャットに書き込んで送って下さい。

Top