Loading...

[2020年最新]BUYMA(バイマ)海外買い付け戦略リサーチ方法

[2020年最新]BUYMA(バイマ)海外買い付け戦略リサーチ方法

こんにちは、BUYMAProの厚澤です。

 

今回のブログではBUYMAの海外買い付け戦略のリサーチ方法について説明していければと思っています。

 

海外買い付けに関しましてはおそらくBUYMAをやっている方であれば誰もがやりたいと思っていてもなかなか手を出せない戦略なのかなぁと思っています。

 

なかなかできない理由として

 

・ケースバイケースで難しい

・トラブルが多い

・インターネット上の情報がなかなか上手くいかない

 

などいろいろあるのかなぁと思っていますし、実際にやっている方というのはそこまで多くはありません。

 

もちろん多少なりともかじったことがあるのかなという方はたくさんいると思いますが

やはり教え手…情報として発信してお伝えしていくまでのレベルには至っていないという方がほとんどなのかなぁと思っています。

 

海外買い付けのリサーチ方法であったり思考法、やり方というところを学び

実践して活動していくことによって飛躍的に売上が伸びていくのかなぁと思っています。

 

僕自身もこの海外買い付けの戦略やリサーチ方法というところを網羅する

しっかりある程度できるようになるまでにはやはり1年から2年ほどかかったのかなぁと思っています。

 

また、いまだにBUYMAの市場のマーケットはとても変わるスピードが速いので

その都度やり方やトレンドを合わせながらやっているというところが現状としてあります。

 

今回のブログを読むことのメリットとしましてはまず海外買い付け戦略のリサーチ方法を知ることができます。

 

かつ、海外買い付けの全体的なやり方の流れやその海外買い付けのパートナーさんを雇って

戦略的にリサーチをするまでのフェーズも理解していくことができるのかなぁと思っています。

 

読んでほしい人に関しましては

 

・まだオンライン買い付けとか転送買い付けしかやったことない人

・海外買い付けをやろうかなと思ってはいるが手数料が高い、なかなかやり方もつかめず出来ていない人

・やってはいるがそれほど結果が出ていない人

 

こういう人にはまずここをぜひ見て欲しいのかなぁと思っています。

BUYMA(バイマ)海外買い付けをしている人だけが観れる世界

僕自身は海外買い付けパートナーさんを世界各国に約60人から70人ほど契約して配置をしているという状況になります。

 

もちろんこれ70ヵ国という訳ではなくてあくまでもイタリアに3人、フランスに5人といった形で配置しているので

国数でいうとそこまで多くならないのかなぁと思っています。

 

まずなぜ同じ国を複数でやっているのかというのはまた別の記事に記載があるのでそちらを見ていただければと思うのですが

基本的には60人から70人ほどと常時提携していて手配できるのかなというところが現状としてあります。

 

僕の売上のボリュームとしては約6割ぐらいは海外買い付けパートナーさんの依頼によって売上が立つのかなぁと思っています。

 

もちろん単価が高いということも当然ありますが、海外買い付けというところは結構主流にやっているのかなぁと思っています。

 

僕はBUYMAのバイヤーとしては6年目を迎えさせていただきまして

現在2つのアカウントを運営していて月間の利益では100万円ずつぐらいは出ているのかというところが状況としてあります。

 

もうこれは本当に100万を切ったことは3~4年前といったレベルですので、数十ヵ月ずっと更新し続けているのかなぁと思っています。

 

一応コロナが来ても100万は切ったことがなかったのかなぁということになるので

ある程度参考にはなるのかなと思っています。

 

まず海外買い付けの戦略を行っていくためにはまず

「パートナーさんを増やす」「出品数を増やす」の2点をしっかりとやってもらう必要があります。

 

ここに関しての詳しい内容は別の記事に書いてあるのでそちらを確認していただければと思いますが

海外買い付けのパートナーさんと出品数というのは増やせるだけ増やしてください。

 

この理由は語りませんがとりあえず増やしてください。

 

これが増えました、いけますとなった際に次どういうリサーチをするのかといいますと

単純にどういう商品が売れるのか、高い買い付けができるのかというところをまず理解していく必要があります。

 

・国内完売している商品

・オンラインに載っていない、そもそも日本で掲載されていない日本未入荷の商品

・上記に加え、海外の方が安い

 

といったところがあるのかなぁと思います。

 

国内買い付けをしようかなと思ったけれどなかったから海外買い付けをやったり

国内に無い、そもそも海外限定だからこそ海外で買い付けようかな、などいろいろなプランがあるのかなぁと思っていますが

そのあたりはまた別の記事で書いたので見ていただければと思っています。

 

1番簡単なリサーチ方法を今回説明していきたいと思います。

 

これがまず初心者であれば再現性も高く1番やりやすいのかなぁと思っています。

 

まず日本のバイヤーさんを探します。

 

かつ、海外買い付け海外発送の人を見つけていきます。

 

というのも、基本的にオンラインであれば基本的には海外買い付け国内発送というのがルールなんですね。

BUYMA(バイマ)高値売りの定義って何?

海外買い付け海外発送というのは海外で直接パートナーさんを雇ってそこで検品をして発送しています。

 

だからこそ海外買い付け海外発送をしている、かつ無在庫をしていてハイブランドを扱っているバイヤーさんというところを絞っていきます。

 

たぶんこの今言った5項目ぐらいのフィルターをかけていただけると、結構人数は減らせるのかなぁと思います。

 

かつ、自分がパートナーさんを持っている国を主流として扱っているバイヤーさんというところをフォーカスしていきます。

 

もちろん例えばドイツのバイヤーさんがいないのにドイツの商品を扱ってもなかなか意味がないのかなぁと思うので

ここに関してはそこをポイントにやっていく…だからこそパートナーさんを増やしたほうがいいのかなぁという形になります。

 

ここでハイブランドを扱った方がいいのかなぁと思っていて、これに関しては結局手数料合計で込々5000円ぐらいかかってしまうので

それ以上の利益を出すということはある程度利益率のことも考えると

ハイブランドを扱っていかないと利益が出てこないということがあるので、そういう形でハイブランドを扱っていきます。

 

単価としては別に10万以上超えて20万、30万以上超えても全く問題はないのかな、という状況になっています。

 

この海外買い付け海外発送をしている日本在住のバイヤーさんというのはこれからたぶん自分自身がやろうと思っている戦略だと思うんですね。

 

これ日本在住っていうのは別に海外在住だったら海外在住、日本在住っていうのは日本に住んでいるからっていう組み合わせ。

 

カナダであればカナダでオッケーです。

 

カナダで在住しながらイタリア買い付け、イタリア発送しているバイヤーさんを見つけ

フランスであればフランス在住の方であればアメリカ買い付け、アメリカ発送をしているバイヤーさんを見つけます。

 

結局、これは自分の土俵に合ったところに合わせてやっていくというところが必要なんですね。

 

そこに対してモデリングをかけていくというところが必要なのかなぁと思います。

 

もちろん「無在庫で」といったところは当然あるのかなぁと思いますが、ここで1つポイントがあります。

 

単価はある程度上げてください。

 

あとは「どんなブランドを扱ったほうがいいですか?」というのはあるのかなぁと思いますが

最初はそこまでフォーカスしない方がいいのかなぁと思っています。

 

例えばネット上ではルイ・ヴィトンやエルメスというのは個数が決められていて

その個数以上買ったりしてしまうと海外買い付けパートナーさんがもう使えなくなってしまう

買い付け拒否になってしまうということが結構あるのかなぁと思います。

 

ですが、それに関しては海外買い付けの人というのはいくらでも無数にいますので

その都度駄目になれば交換していくというイメージがあるので

わざわざ機会損失といった感じで「ルイ・ヴィトンは扱わない」「シャネルは扱わない」「エルメスは扱わない」

という必要はないのかなぁと思っています。

 

だからこそ、買い付けパートナーさんがいればいるほどエルメスなどが扱えるのでそれは逆に差別化になるのかなぁと思うんですよね。

 

ルイ・ヴィトンを扱えるのであればルイ・ヴィトンを差別化できるのかなぁと思っていて

だからこそパートナーさんはいればいるだけ価値が上がるのかなぁと思っています。

 

価格に関しましても現実的にすべてを網羅するというのは不可能なので

ある程度モデリングバイヤーさんの商品の価格帯を確認していきながら扱っていくというのが前提かと思っています。

 

この海外買い付けパートナーさんとの関係で少し重要な感覚としましては

これは別に100パーセント海外買い付けで仕入れる必要はありません。

 

あくまでもお客様から受注があった商品をまずは買い付けることが前提となります。

 

例えばオンラインで買い付けられません、転送で買い付けられません、

国内にもありません、VIPの割引でもオンラインでもありません、海外買い付けでありました。

 

じゃあ仕入れられますといった形なんですね。

 

これは別にどこで仕入れるといったことが問題ではなく、結局在庫があって一番安いところで仕入れるというところが常套手段なんですね。

 

なので、別に海外買い付けをしろというわけではなくあくまでも仕入れられればどこでもオッケーです。

 

かつ、価格が安ければどこでもオッケーです。

 

その中で海外買い付けというのは在庫も豊富ですし、探す…オンラインというのは結局探すレベルといっても決まってくるといいます。

 

ですが、海外買い付けであれば世界各国に商品というかブランドというのはハイブランドでありますので

パートナーさんを増やせば増やすだけ買い付け率が上がってくるということは当然あります。

 

そういう形で可能性としては自分の力量次第で変わってくるのかなぁと思うので、海外買い付けを押しているという状況になっています。

 

だからこそ、ひとつの商品に対して多角的に販売戦略を練って買い付ける

 

ことができればそれが1番ベストなのかなぁと思っています。

 

そんな感じで海外買い付けはやっていただければと思っています。

 

まずは先ほど言った通り海外買い付けのパートナーさんや出品数を増やすことに専念する。

 

それが出来たらモデリングバイヤーさんを徹底的に人数を減らします。

 

そこに対してモデリングをかけていくというところがまず基本的なやり方なのかなぁと思います。

 

だいたいこのあたりをやると基本的な理解はできるのかなぁと思っています。

[2020年最新]BUYMA海外買い付けを制覇した厚澤が教えるパートナー主要国

これ以上深くやってしまうとおそらくブログで書ききれなくなってしまったり、ケースバイケースの事が多すぎてこれは違った

あれは違ったというのが出てきてしまうのでこれ以上に関してはまたちょっと個別でご相談いただければ対応させていただきたいと思っています

 

まとめとしましては、海外買い付けに関してはやはりケースバイケースでとてもトラブルが多い状況になってくるのかなぁと思っていて

だからこそひとつひとつ丁寧にやって高い販売価格で扱うことにより大きな利益を生むことができるのかなぁと思っています。

 

海外買い付けというのは当然難しいからこそ参入壁があります。

 

参入壁を超えたからこそ利益を安定的に大きく伸ばすことができるのかなぁとも思いますので

ぜひここに関しては挑戦して欲しいなぁと思っています。

 

そんな感じで海外買い付けパートナーさんのリサーチの説明を終わりにさせていただきます。

 

 

厚澤の日常インスタグラムはこちら

https://www.instagram.com/haruki_atsuzawa/

BUYMA<ブログコンテンツまとめ>

BUYMA(バイマ)新サービス検品梱包発送外注システム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後までブログを購読して頂きありがとうございます。

 

ブログ内で分からない事やご相談、感想などありましたらお気軽にご連絡下さい。

下記のお問い合わせフォームからお待ちしております。

無料であなたの問題を一緒に解決していきましょう(^ ^)

 

BUYMA ProではBUYMAの個別コンサルティングサポートをしています。

「個々が輝く時代に」

個人向け完全カスタマイズ

BUYMAアパレルバイヤー育成プログラム

 

安心に安全に個人が在宅ワークで収益をあげるサポートをしていきます。

 

個人が収益をあげられる時代に

社会人の副業,複業や主婦などの外出が難しい方へにオススメの働き方です。

 

24時間いつでも個人マンツーマンサポートであなたが結果が出るまで永久的にサポートを継続!

結果が出なければ全額返金対応実施中。

 

こちらもお気軽に料金プランやサポート内容などお問い合わせ下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無料相談

Buyma Professional(バイマプロフェッショナル)
  • お問い合わせ内容に関しましてBUYMA概要、サービス料金、サービス内容、副業独立などその他ご不明な点や悩み事などがございましたらお気軽にお問い合わせご相談ください。
  • 各種メディア出演(TV・ラジオ・雑誌等)依頼
  • 各種お申し込み
  • *「こちらからの返信ですがごく稀にお客様の迷惑メールに送られることがありますのでお問い合わせ後は連絡が無い場合はお確かめください」
Name必須
Email必須
Subject任意
Message必須

Top