Loading...

[2020年最新]BUYMA確定申告の際に申告する経費申告を大公開

BUYMAで脱サラ独立する前に準備すべき重要な7つの事

こんにちはBUYMAProの厚澤です。

 

今回のブログの内容ですがBUYMAの活動する際に

申告する確定申告の時にめちゃめちゃ大切な経費申告について紹介していくと思います。

 

BUYMAで活動していく中で必ず経費と言うものが存在します。

 

また経費をしっかりと申告する事によって税金対策にもなりますし

BUYMAという事業を長く継続的に行っていく為にはしっかりと申告をしていかなければいけません。

 

しかし実際にこれからBUYMAを始めてようと思っている人や

現在すでにBUYMAの活動を始めている人などの中に

どれだけの人が経費のことや確定申告の事を理解しているのでしょうか?

 

BUYMAに出会わずに普通に働いていたら経理の人などは分かるかもしれませんが

お金周りに関わっていない人がほとんどですしほとんどの人が理解できていないと思います。

 

もちろん学生時代などに経費や確定申告

税金の勉強をしてきているわけではないのでしょうがないですがそれは全員同じです。

 

そこに関して文句を言っていてもキリがないですし何より出来ている人はできています。

 

今の時代インターネットが発達してきている中で

googleで検索をかければある程度の情報は得る事が出来ます。

 

だからこそ今の時代で知らなかったは通用しないのです。

 

今回の確定申告で必要な経費の事も知らなかったでは済まされないのです。

 

とは言ってもなかなか普段経費や確定申告に触れていないと慣れるまでに時間がかかります。

 

また経費の事を理解しようと思ったら一般的な経費の出し方は分かりますが

BUYMAに特化した場合の経費の情報というのはあまりまだインターネット常には掲載されていません。

 

だからこそ僕が今回ブログの中で経費について紹介してみようと思った経緯もあります。

 

BUYMAをこれから長く続けていく為にも納める税金はしっかり収めて経費で節税出来る事は最大限していきましょう。

 

経費を申告しなかったを理由に税金が高くなってしまうのはもったいないです。

 

BUYMAをしっかりとした事業という風に捉えて活動に臨んで頂ければ

自ずと結果も変わってきますし長くクリーンな状態で活動する事が出来ます。

 

なので今回はBUYMAというビジネスに特化して経費について紹介していこうと思います。

 

僕自身もパーソナルショッパー歴は6年目ですので

その回数分の確定申告をしているので経費については他の人よりかは理解できていると思います。

 

なので今回のブログは

 

・確定申告の際の経費が分からない

・どこまでが経費でどこまでが経費でないのかが分からない

・BUYMAで活動しているけれど全く経費について理解できていない

・確定申告をまだした事がない人

・経費について学んで節税対策として見直したい人

 

などBUYMAと経費は切っても切り離せない関係だからこそ

単純にBUYMAで稼ぐだけでなく申告や経費の理解などもしていかなくてはいけません。

BUYMAで脱サラ独立(個人事業主と会社設立どっちが良い?)

経費とは一体に何か?

 

「経費で切る」「経費で落とす」「経費を使う」なんて言葉を聞いたことはありますか?

 

これらすべて「経費で処理する」ことを意味しています。

 

個人事業主でも法人でも、事業を行うことで必ず発生する「経費」。

 

今回は、経費とはどういったものか?

 

気を付けておくルールについてふれたいと思います。

 

経費とは、事業を行う上で必要な費用(コスト)

 

物を販売するために仕入れた商品も「経費」になりますし

人を雇っていれば給料も「経費」、事務所を借りていれば家賃も「経費」になります。

 

そのほか、事業に関連するお客様との会食や、ボールペンやノートなどの事務用消耗品も「経費」です。

 

個人事業主の場合は、生活と事業とが密接に関係している場合も多いです。

 

この場合、生活に関係する費用は「経費」になりませんが、事業に関係する費用は「経費」になります。

 

その辺りが曖昧でややこしいところです。

 

また、売上原価や広告宣伝費、雑損失など、それぞれの項目名こそ違いますが

 

すべて「経費」のため、「どれを使っていいのかわからない」なんて方も多くいるのではないでしょうか?

 

一時期、個人事業主の場合は、「なんでも経費になるぞ!」なんて噂を聞きました。

 

ただし、前述のとおり生活に関係する費用まで「経費」に認められるわけはありません。

 

「経費」になるものとならないものには、基本ルールがあります。

 

ぜひ、基本ルールを覚えて間違いのない処理を行いましょう。

 

事業に関係しないものは、どんなものであっても「経費」になりません。

 

反対に事業に関係したものであれば、大概は「経費」になります。

 

このルール、個人事業主では家事按分が有名です。

 

そのため、みなさんはよくご存知のルールではないでしょうか。

 

家事按分とは、事業に関係する費用と生活に関係する費用をしっかり区分していれば

事業に関係する費用を「経費」にできるルールのことです。

 

ただ、このルールにも、あいまいな部分があります。

 

1.友達と食事をしながら仕事の話をした

 

2.仕事の関係で地方へ出張。1日は観光にあてたなど…。

 

あいまいなものでも、事業に関係する費用は「経費」になります。そのあたりのルールも覚えましょう。

 

例えば、「1」は、仕事に関係する友人もいますし、友人から仕事のアドバイスを貰うこともあります。

 

仕事に関係していれば「経費」にすることが可能です。

 

また「2」は、往復の交通費は「経費」に宿泊代は

宿泊数で事業を行った日数と観光にあてた日数とを按分し事業分は「経費」にできます。

 

どちらも、しっかりした根拠を保管し何かあった時に提示できるようにしておけば、すべて「経費」になるのです。

 

BUYMAの活動する際の経費とは

 

先ほどは一般的な経費について紹介していきましたが

BUYMAというビジネスではどうなのかという部分をご説明していきたいと思います。

 

先ほど同様経費に関しての選別は変わりません。

 

まずはザックリBUYMAを活動していく中で落とせる経費について紹介していこうと思います。

 

・外注費(人件費)

・ラッピング費

・パソコン

・プリンター

・Wifi

・携帯

・電気代

・家賃

・交通費

・飲食費

・書籍などの学習教材

商品対する

・商品代金

・国際送料

・関税

・国内送料

・梱包費

 

なども事業に関わっていますので経費として落とす事が出来ます。

 

他にもBUYMAという活動を通して経費で落とせるものはたくさんあると思います。

 

よく節税=脱税と考えている人もいるのかもしれませんがそれは全く違います。

 

節税は法律の中での税金対策です。

 

節税対策ですがここで僕が思うのは申告した際に

税務官にBUYMAというビジネスで使用しているのものと答えられて証明できればOKです。

 

なのである程度は言葉のいい回しなどでも変わってくるのです。

 

例えば実際に奥さんがBUYMAをしている為に携帯代を経費で落としていますが

それを旦那さんと共同で活動しているという事になると旦那さんの携帯代も経費で落とす事が出来ます。

 

全く活動していないのはよくないですが

旦那さんの携帯でログインして在庫確認をするのでもしっかりとした業務になります。

 

なのである程度の幅を利かせる事は出来るのです。

 

また個人事業主届けを出した時に一緒に青色申告書の届け出を出しておけば

65万円の控除額を受け取る事が出来るのです。

 

基本的には個人事業主の場合は1月1日から12月31日までの売り上げに対して

次年度の3月中旬までに支払いを完了していく流れになります。

 

確定申告などは郵送などで案内は来ますのでそこから準備をしても遅くはないかと思います。

 

個人事業主として1000万円を超えるようであれば会社として法人登記した方がいいですが

 

それ以下であれば個人事業主で問題ありません。

 

経費も結局は頭が良い人が得をするような仕組みになっています。

 

だからこそ友好的に使えるものは使っていきながら税金対策をしていければと思います。

[保存版]BUYMAで脱サラ独立した際の税金年金保険のポイント

まとめ

 

今回はBUYMAに関する経費について紹介させて頂きました。

 

BUYMAというビジネスをしっかりと長く継続的に行っていく為には

しっかりとするべき部分はしっかりしていかなければいけません。

 

個人事業主だとどうしても仕事とプライベートが曖昧になってしまいがちですが

しっかりと区別していければ良いと思います。

BUYMA<ブログコンテンツまとめ>

BUYMA(バイマ)新サービス検品梱包発送外注システム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後までブログを購読して頂きありがとうございます。

 

ブログ内で分からない事やご相談、感想などありましたらお気軽にご連絡下さい。

下記のお問い合わせフォームからお待ちしております。

無料であなたの問題を一緒に解決していきましょう(^ ^)

 

BUYMA ProではBUYMAの個別コンサルティングサポートをしています。

「個々が輝く時代に」

個人向け完全カスタマイズ

BUYMAアパレルバイヤー育成プログラム

 

安心に安全に個人が在宅ワークで収益をあげるサポートをしていきます。

 

個人が収益をあげられる時代に

社会人の副業,複業や主婦などの外出が難しい方へにオススメの働き方です。

 

24時間いつでも個人マンツーマンサポートであなたが結果が出るまで永久的にサポートを継続!

結果が出なければ全額返金対応実施中。

 

こちらもお気軽に料金プランやサポート内容などお問い合わせ下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無料相談

Buyma Professional(バイマプロフェッショナル)
  • お問い合わせ内容に関しましてBUYMA概要、サービス料金、サービス内容、副業独立などその他ご不明な点や悩み事などがございましたらお気軽にお問い合わせご相談ください。
  • 各種メディア出演(TV・ラジオ・雑誌等)依頼
  • 各種お申し込み
  • *「こちらからの返信ですがごく稀にお客様の迷惑メールに送られることがありますのでお問い合わせ後は連絡が無い場合はお確かめください」
Name必須
Email必須
Subject任意
Message必須

Top