Loading...

[2020年最新]BUYMA関税を日本一分かりやすく解説

[2019年最新]BUYMA関税を日本一分かりやすく解説

関税と聞くだけで難しいと思ってしまう人がほとんどではないでしょうか?

 

BUYMAの活動をするにあたり絶対に避けては通れないのが関税というシステムになります。

 

関税は海外から商品を発送して国内に商品が届いた際にかかる税金の1つになります。

 

偽物や違法な商品を国内に輸入していないかの確認や

この商品はどれくらいの関税率なのかをみてく検品作業なものになります。

 

この検品作業が終わった後にパーソナルショッパーの自宅に商品が到着します。

 

受け取りの際に初めて関税料金がかかった商品に対して料金を支払っていきます。

 

多分関税が難しいと思っている人の理由としてはこんなのが上げられると思います。

 

・関税の金額が商品を受け取る時まで不明確

・関税率が細かくて正確な金額が分からない。

・革などの商品の関税率が高いのは分かるが商品が革かどうか分からない

・個人輸入の小口輸入か商用輸入のどちらで申請すればいいのか分からない

・関税がいくらからかかるのか分からない

・関税がかかる国とかからない国があって難しい

・価格計算の時どのように関税を含めて計算すればいいのか分からない

 

などの理由が上げられます。

 

今回はこの疑問点を全て解説して不明な点を全てなくして行きたいと思います。

 

よくお問い合わせでBUYMAをこれkら始めようとしているが海外から商品を購入した事もなく

色々調べると関税など難しくて訳がわからなくなってしまいBUYMAを始められないという方も多々います。

 

まず今までインターネットで調べた関税は全ての情報は削除して下さい。

 

そして今回このブログを見た人は今後違う関税の情報を入れる必要はないです。

 

インターネット上では難しい用語が沢山出てきて大変ですし逆に理解できなくなると思います。

 

僕は年間BUYMAの発送を4000件している発送サービスを運営しており

僕自身のDHLやUPSなどの国際郵送業者に何度も行って

調べ上げているので誰よりの経験と知識がある自身があります。

 

なので他の記事を読む必要が一切あります。

 

また前提として今回のブログは相当簡単に書いていて結論に対して根拠を書かない場合があります。

 

理由としてはその根拠を全て解説するとインターネットにある小難しい関税の記事になってしまいます。

 

なのであの難しい関税記事を簡単に要約したような感じで見て貰えればと思います。

 

日本一関税を分かりやすく解説

 

結論から言うとまず関税がかかる商品に関してはどの国からであっても

16,666円よりも上であればその10%に対して関税がかかり

16,666円より下であれば関税がかからないと思って頂いて構いません。

これについて解説をしていきます。

 

例えば

 

商品価格が190,00円であれば1900円の関税がかかる可能性があります。

 

商品価格が12,000円であれば関税がかからない可能性が高いです。

 

この可能性は絶対ではないと言う事です。

 

これをお話しするとまた頭の中がゴチャゴチャすると思いますが

商品価格が190,00円であっても関税がかからない可能性があります。

 

商品価格が12,000円であっても1200円の関税がかかる可能性があるのです。

 

この理由を解説していきますが最後まで目を通して下さい。

 

多分ここが一番関税を難しくしている原因かと思います。

BUYMA(バイマ)新サービス検品梱包発送外注システム

関税の抜き取り方法が運送局によって違う

 

海外から商品を送る際に発送業者を使いますがその業者によっても変わってきます。

 

大きく分けると郵便局のEMSと民間のUPSやDHLの業者に分かれます。

 

まず郵便局のEMSは全ての商品に対して関税をかけているわけでは無いです。

 

抜き取りの個数は明確ではないですが

100個に1や1000個に1個などを無作為に抜き取って関税をかけていきます。

 

なのでこの時点で商品価格が仮に3万円だったとしても

抜き取りに引っかからなければ関税がかかることがないです。

 

逆に民間のUPSやDHLは国内に入ってきた全ての商品に対して関税をかけていきます。

 

なので基本的に金額の見落としはないと言っていいでしょう。

 

また、この発送方法に関しては現地の買い付けパートナーからの発送ならある程度は融通が効き

ますがオンラインの場合はショップ側が決定して行くので実際に商品が到着しないと分からなくなります。

 

また関税職員は内容物の確認や価格は基本的には伝票を確認して決定していきます。

 

なので例えばショップ側がバックと記載するのと

レザーバックと記載するのでは関税率が大きく変わってきます。

 

もう1つ例を上げると

 

商品をまとめて3つ購入した場合に送料が1つ分の値段で

発送した時にラッキーかと思いますがここでも落とし穴があります。

 

1つ1万円で3つ商品を購入して同時発送した場合に伝票に3万円と記載される可能性があります。

 

また3つ同時に購入してて伝票にも3つ記載があると商用輸入として多く関税が取られるケースがあります。

 

これもショップの書き方によって変わってきてしまうのです。

 

EPA協定による関税負担がなくなる

 

去年の2月に日本とヨーロッパで関税がかからなく輸入ができる協定が成立しました。

 

このことによりヨーロッパからの発送に対して関税がかからなくなるケースが多いのです。

 

ですがこれも全てではなく皮の製品など一部は関税が残ったままです。

 

しかもEPAが適応されるのはEU原産国の商品でEU圏内からの発送のみEPAが適応されます。

 

詳しくはこちらをご確認ください。

BUYMA(バイマ)2019年最新版EPA関税撤廃の影響

個人輸入の小口輸入か商用輸入について

 

先ほども記載しましたが時々、関税職員に商用輸入と申告されて関税がいつもよりかかったというケースがあります。

 

一度商用輸入してしまうと次から住所や名義を登録されて

ずっと商用輸入になってしまうのではないのかと心配される方もいるかもしれませんが

 

答えはNoです。

 

関税については毎回その都度の商品に対してどうなのかと言うことですので1回で商用登録などはないのでご安心ください。

 

僕のサービスで年間4000件以上こなしている実績があるので大丈夫です。

 

関税に対する対策とアクション

 

これまで関税についてお話しさせて頂きましたが結論からすると

16,666円の上下で関税の試算をしていくのが最終的な僕の結論です。

 

現実的に関税は僕達が金額をどうすることもできないですし

記載の通りこちらからという訳ではないのです。

 

もっと正確にいうと衣類という括りだけでも

関税は細かく分けられていて8~13%などの範囲に収まります。

 

これら全てを計算して価格計算の時に入れて作業するのは現実的不可能です。

 

なのでトータルで見ると大体16,666円の上下で関税で計算していくのです。

 

出品時の価格計算でもざっくりとした計算で若干多めに計算しておければ問題ないです。

 

価格計算で数百円の差を正確に求める方が難しいですし

ある程度の余白を作っておいた方が活動しやすいと思います。

 

まとめ

 

実際この僕でも全ての関税を理解して把握するのは難しいですしコントロールは難しいのが現実です。

 

なのできた関税についてはしっかりと支払っていくのが一番いいと思います。

 

16,666円の上下で関税を決定する事に対して若干の差異はありますが

ここからいきなり大きく商品価格の2倍かかるというような現象は起きませんのでご安心下さい。

 

今回の記事を見て頂いて少しでも関税の事を理解していただければ良かったです。

 

BUYMAの活動で全てを全力でする事はなく抜くと所と力を入れる所を分けてうまく活動できればいいと思います。

BUYMA<ブログコンテンツまとめ>

BUYMA(バイマ)新サービス検品梱包発送外注システム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後までブログを購読して頂きありがとうございます。

 

ブログ内で分からない事やご相談、感想などありましたらお気軽にご連絡下さい。

下記のお問い合わせフォームからお待ちしております。

無料であなたの問題を一緒に解決していきましょう(^ ^)

 

BUYMA ProではBUYMAの個別コンサルティングサポートをしています。

「個々が輝く時代に」

個人向け完全カスタマイズ

BUYMAアパレルバイヤー育成プログラム

 

安心に安全に個人が在宅ワークで収益をあげるサポートをしていきます。

 

個人が収益をあげられる時代に

社会人の副業,複業や主婦などの外出が難しい方へにオススメの働き方です。

 

24時間いつでも個人マンツーマンサポートであなたが結果が出るまで永久的にサポートを継続!

結果が出なければ全額返金対応実施中。

 

こちらもお気軽に料金プランやサポート内容などお問い合わせ下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無料相談

Buyma Professional(バイマプロフェッショナル)
  • お問い合わせ内容に関しましてBUYMA概要、サービス料金、サービス内容、副業独立などその他ご不明な点や悩み事などがございましたらお気軽にお問い合わせご相談ください。
  • 各種メディア出演(TV・ラジオ・雑誌等)依頼
  • 各種お申し込み
  • *「こちらからの返信ですがごく稀にお客様の迷惑メールに送られることがありますのでお問い合わせ後は連絡が無い場合はお確かめください」
Name必須
Email必須
Subject任意
Message必須

Top