Loading...

[2019年最新]BUYMA今後の方向性と規制強化に気をつけろ

BUYMAというプラットフォームで販売する方法や出品する商品

仕入先など基本的には自由度が高く汎用性が高いものになっています。

 

BUYMA事務局もその中で禁止ルールや取締り規制を設けながら

BUYMAの運営を向上維持してきました。

 

BUYMAの運営が始まった初期から一緒に歩んできましたが

最初からこの今のBUYMAのスタイルだった訳ではあります。

 

今現在禁止している仕入先も以前はOKでしたり

今ではペナルティーを受けている行為は以前はOKでした。

 

そんな感じで常にBUYMAを守る為にBUYMAアップデートし続けています。

 

それによりBUYMAは毎年売上が増加して年々マーケットが大きくなっています。

 

なので規制などが厳しくなった反面当然ながら

僕達パーソナルショッパーにも恩恵は必ずあるのです。

 

時々ブログでも書きますがBUYMAの流れというのがありました。

 

その時代の中で流行った戦略やテクニックなどが多々ありました。

 

ここ最近で流行っているのは大量出品の高値売りがパーソナルショッパーの中で主要化してきています。

 

また、BUYMAの穴をついたテクニックなどもありますが

そういうものは確実にすぐBUYMAに気づかれて規制が引かれます。

 

こんな感じでBUYMAはその時代に合わせて常に変化し続けています。

 

今回紹介する内容についてですが今後のBUYMAの方向性と規制強化についてです。

 

今現在2019年10月と後2ヶ月ほどで1年が経ちますが

2020年も間違いなくこの方向性と取締り強化は続いて行きます。

 

理由としては2019年4月の株主総会の内容や決済報告の内容

 

また、ここ最近の事務局からパーソナルショッパーへの対応から予測して対応していきます。

 

2019年BUYMAの方向性

 

今年の4月に株主総会がありましたが年々売上を伸ばして行く中で

東証マザーズでの東証一部に上がり今BUYMA成長期から成熟期に移ろうとしています。

 

具体的に部分で言うと成長期は売上を伸ばす為にある程度リスクを取りながら成長してきました。

 

簡単に言うとハイリスクハイリターンですね。

 

しかしここ最近、売上もある程度伸び成熟期になってきます。

 

成熟期とは安定性の向上ですね。

 

色々と理由がありますが長くなるので割愛しますがミドルリスクミドルリターンくらいですね。

 

ざっくり言うとそろそろ落ち着いていくと言う事です。

 

勘違いしないで欲しいのがBUYMAの事業の手を抜くとか、売上が落ちていくと言う話ではないです。

 

どういう事かと言うとBUYMAが初めにこの移行フェーズになった時に行った事がリスクの排除です。

 

BUYMAというショッピングサイトのリスクになる物を取り除いてリスクヘッジしていくという意味合いです。

 

ここで考えて頂きたいのが今現状BUYMAでリスクになりうるものは何でしょうか?

 

リスクとはBUYMAの売上や信用が落ちてお客様が居なくなり

BUYMAで購入しなくなる事が最大のリスクとなります。

BUYMA(バイマ)ペナルティには絶対気をつけろ

BUYMA事務局の規制取締りについて

 

まず結論から言いますが今現在BUYMA事務局の規制取締りが厳しいのが

 

・中国ブランド取り扱いパーソナルショッパー

・韓国ブランド取り扱いパーソナルショッパー

・ノーブランド取り扱いパーソナルショッパー

 

この3つを今現在取り扱っているパーソナルショッパーは今ずぐに今後の活動を見直したほうがいいです。

 

実際になぜこの3つがリスクとなり規制が厳しくなっていったとかと言うと

まず中国、韓国、ノーブランドは単価が安く利益率も安い傾向にあります。

 

なのでここらへんを主流に出品しているパーソナルショッパーは薄利多売を前提に活動をしています。

 

月間の取引件数が400品を超えるなどザラにある話です。

 

ですがこの中国、韓国、ノーブランドでBUYMAの思うリスクは

商品に対するクレームとトラブルの多さです。

 

中国、韓国、ノーブランドに関してはお分かりの通り

ハイブランドのような品質はなく数で勝負している事になります。

 

ですので取引の件数だけクレームとトラブルの可能性が高まりますのです。

 

BUYMA側からするとせっかくBUYMAで購入してくれたお客様が

次回購入してくれなくてはリピート率が下がり将来のお客様を失っている事になります。

 

現実僕のお問い合わせに毎月10名くらいの方から

中国、韓国、ノーブランドを扱っていてペナルティーを受けた話や

アカウント停止になった話を2019年に入ってから急に増え出しました。

 

この多角的な観点から間違いなく事務局側が取締りを強化している事が分かります。

 

お問い合わせを多々頂きますが僕が共通して言っているのが

多分この調子だとBUYMA事務局の規制が緩む事はなく継続されていくと思います。

 

遅かれ早かれ薄利多売では上限は見えていますし毎日事務局に怯えて活動するのもキツイので

1つのターニングポイントだと思って販売手法やアカウントの戦略をがっつり変えていく事をオススメしています。

 

もちろん全く違うブランディングをするのですから

勇気がいるのはわかりますがアカウント停止やペナルティーを受けてからでは遅いです。

 

取り返しのつかない状況になる前に速い段階で手を打つ事が重要だと思います。

 

僕の方でも相談はいつでも受け付けていますし悩まずにまずは相談してみて下さい。

 

まとめ

 

今回のブログではこれからのBUYMAの方向性と今後の取締り規制について紹介させて頂きました。

 

これからのBUYMAで求められるものは変化に対応し続ける事です。

 

昔の話ですが原始時代に恐竜と人間が共存していた時代がありました。

 

強いものが生き残るのであれば確実に恐竜が生き残り人間が滅びました。

 

ですが実際には恐竜が絶滅して人間が生き残りました。

 

どの時代でも常に変化し続ける者が強者であり続けられるのです。

 

BUYMAも同じで変化に対応し続けるパーソナルショッパーが活躍し続けられるのです。

BUYMA<ブログコンテンツまとめ>

BUYMA(バイマ)新サービス検品梱包発送外注システム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後までブログを購読して頂きありがとうございます。

 

ブログ内で分からない事やご相談、感想などありましたらお気軽にご連絡下さい。

下記のお問い合わせフォームからお待ちしております。

無料であなたの問題を一緒に解決していきましょう(^ ^)

 

BUYMA ProではBUYMAの個別コンサルティングサポートをしています。

「個々が輝く時代に」

個人向け完全カスタマイズ

BUYMAアパレルバイヤー育成プログラム

 

安心に安全に個人が在宅ワークで収益をあげるサポートをしていきます。

 

個人が収益をあげられる時代に

社会人の副業,複業や主婦などの外出が難しい方へにオススメの働き方です。

 

24時間いつでも個人マンツーマンサポートであなたが結果が出るまで永久的にサポートを継続!

結果が出なければ全額返金対応実施中。

 

こちらもお気軽に料金プランやサポート内容などお問い合わせ下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無料相談

Buyma Professional(バイマプロフェッショナル)
  • お問い合わせ内容に関しましてBUYMA概要、サービス料金、サービス内容、副業独立などその他ご不明な点や悩み事などがございましたらお気軽にお問い合わせご相談ください。
  • 各種メディア出演(TV・ラジオ・雑誌等)依頼
  • 各種お申し込み
  • *「こちらからの返信ですがごく稀にお客様の迷惑メールに送られることがありますのでお問い合わせ後は連絡が無い場合はお確かめください」
Name必須
Email必須
Subject任意
Message必須

Top