Loading...

BUYMA最速PDCAのグルグル回し方

BUYMAの活動は基本的には1人で孤独です。

 

良いも悪いも全て自分次第です。

 

今出品しているのがあっているのか?

この仕入先で大丈夫なのか?

このリサーチ方法であっているのか?

外注の仕組みは出来ているのだろうか?

 

などなど

 

コンサルティングを受けているもしくは

パーソナルショッパーの友人がいない限りは

これらの疑問を1人で解決していかなくては行けません。

 

もちろんコンサルを受けているからと言って

自分で解決しなくて良いという事にはなりませんが

セーフティーとしてつける事は出来ます。

 

正解かどうかもわからない中でずっと闇雲に走ってしまってはいけません。

 

闇雲に走りながらも模索していきながら正解を見つけて行くのです。

 

今日の自分よりも明日の自分の方が成長していなければいけません。

 

小さい一歩でも毎日成長し続けなければいけません。

 

BUYMAの活動も一緒です。

 

必ず毎日活動するのは難しいかもしれません。

 

しかし、活動にた対して成長する事は出来ます。

 

そしてその成長を速める為に必要なのがPDCAです。

 

PDCA自体は基本ですがBUYMAの活動の中で毎日グルグルと回し続けるのです。

 

このPDCAこそ日々のBUYMAの活動で重要な部分なのです。

 

ポイント1日の活動の中でPDCAを回す事です。

 

PDCAを回す事で飛躍的にBUYMAの活動スピードが変わってきます。

 

僕も実践していた部分を紹介できればと思います。

 

BUYMAのPDCAとは

まずはPDCAについて軽くご説明します。

 

PDCAとは

 

計画(Plan)

行動(Do)

評価(Check)

改善(Action)

 

の頭文字を取った言葉になります。

 

このサイクルを回す事によって

生産管理や品質管理などの管理業務を継続的に改善していく手法のことです。

 

計画(Plan)

 

PDCAのP(Plan)とは、目標を設定し、業務計画を作成する段階のことです。

 

まず、解決したい問題や利用したい機会を見つけて理解を深めます。

 

そして、目標における情報を収集し、解決策を考え、計画を立てていきます。

 

ここまでがPの段階です。

 

行動(Do)

 

PDCAのD(Do)とは、Pの段階で立てた計画を実際にやってみる段階のことです。


問題を解決するための方法を見つけたら、少しずつ試してみてください。

試す際にはその方法が有効だったか無効だったかも記録しておきましょう。

 

次の段階で使えます。

 

注意点:Pの段階で立てた計画を実行するときには

最初から計画を完全に実行するのではなく

あくまでテストをしながら少しずつ実践しましょう。

 

評価(Check)

 

PDCAのC(Check)とは

計画に沿って実行出来ていたのかを評価する段階のことです。

 

この段階で試してみた解決策の結果を

Plan(計画)の時の予想と比較して分析し、解決策が有効かどうかを評価します。

 

改善(Action)

 

PDCAのA(Action)とは

実施結果を検討し

業務の改善を行う段階のことです。

Pで計画し、Dでテストをした結果をCで評価し、最後のAで実行します。

 

注意点:PDCAはサイクルで、始まりも終わりもありません。

最後のActionの段階が終了して改善した時点を

また新たにベースラインとして、より良い解決策を探し続けてください

これが基本的なPDCAとなります。

 

ではBUYMAの活動にPDCAを落とし込んでいきます。

 

また今回紹介するのは

あくまで短期的なPDCAでの紹介となりますので長期的ではありません。

 

BUYMA計画(Plan)

 

これは作業開始の初めです。

 

作業を開始する前に今日すべきタスクを全て書き出すのです。

 

それと同時に今日達成しなければいけない目標を1日単位で決めていきます。

 

タスクを全て書きだした時点で作業の順番を決めていきます。

 

この決め方もあるのですがここでは書ききれないので次回の作成とします。

 

ここが曖昧になってしまうとどうしても1日の作業の中で

ブレや作業の未完了などが起きてしまうのです。

 

そして書き出したタスクを全て終了出来るように行いましょう。

BUYMAプロのバイヤーが語る 〜リサーチの基礎の基礎編〜

BUYMA行動(Do)

 

ここではPで作成したタスクをこなしていきますがここで重要なのは

 

仮説と検証

 

です。

 

仮説を立てて検証するこれがDoで求められる行動です。

 

BUYMAの仮説とは例えばリサーチで売れそうな商品が見つかる

 

その後商品を出品していきますがこの時点ではまだ仮説です。

 

売れそうという仮説を立てたのです。

 

出品して検証して行くのです。

 

ここでの反応が検証の答え合わせになってきます。

 

常にBUYMAでは仮説と検証の繰り返しです。

 

これなくしてBUYMAでの収益獲得は難しいです。

 

どんなノウハウやテクニックも仮説と検証を元に成り立っているのです。

 

BUYMAではとても重要なポイントです。

 

BUYMA評価(Check)

 

BUYMAでのCheckでは先程の検証に対する結果確認です。

 

本当に出品した商品がどうだったのか?

 

そしてアクセスやお問い合わせ成約率は

どんなものだったのかと言う確認作業をしていきます。

 

アクセス数や欲しいもの登録は出品ページから個別で数値を確認する事が出来ます。

 

これをする事によってリサーチの仮説の時点での結果が分かります。

 

リサーチしたものがどれくらいだったのかを知り正解か不正解かがわかるのです。

 

このCheckをしない人がリサーチでいつまでも売れる商品が見つからないと言うのです。

 

このCheckを入れる事によってリサーチの精度が上がるんです。

 

Checkをしなければいつまでたっても正解のリサーチ方法などは見つかりません。

 

仮説検証結果確認をしっかりする事で着実に自己成長につながるのです。

 

CheckなくしてBUYMAの成功は無いです。

 

改善(Action)

 

BUYMAの改善とはCheckで確認しました結果を元に改善を行なっていきます。

 

この改善が成長に繋がるのです。

 

結果を見てどうすれば良いのか?

 

どこを改善していけば良いのかを模索して調整していきます。

 

良かった部分は継続できるように伸ばして、悪い部分はDoに戻って仮説の立て直しです。

 

僕達パーソナルショッパーは常に主観的ではなく

客観的に行動していき事実を元に活動していきます。

 

この仮説~改善までのサイクルは数字としてデータとなり自分だけの資産になります。

 

資産は貯まれば貯まるほど価値が最大化されていきます。

 

まとめ

 

コンサルティングでは毎日活動に対して日報を提出して頂きます。

 

日報では今日のタスク消化や活動内容と改善、結果報告をしてもらいます。

 

それに対して僕の方がフィードバックしていきます。

 

1ヶ月と言う大きいPDCAを回すのはもちろん

1日と言う単位でPDCAを回して行く事により

自らのズレにいち早く気づいて対応できるのです。

 

PDCAの本質的部分をしっかりと落とし込んで活動していければ

これからの人生BUYMAでけでなく色々な場面で活用する事ができるはずです。

BUYMA Pro が選ばれ続けるのか?徹底解剖![永久保存版]

BUYMAProのコンサル依頼が途切れない理由とは

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後までブログを購読して頂きありがとうございます。

 

ブログ内で分からない事やご相談、感想などありましたらお気軽にご連絡下さい。

下記のお問い合わせフォームからお待ちしております。

無料であなたの問題を一緒に解決していきましょう(^ ^)

 

BUYMA ProではBUYMAの個別コンサルティングサポートをしています。

 

行政機関認定プロジェクト

「個々が輝く時代に」

個人向け完全カスタマイズ

BUYMAアパレルバイヤー育成プログラム

 

安心に安全に個人が在宅ワークで収益をあげるサポートをしていきます。

 

個人が収益をあげられる時代に
行政機関も推奨事業だからこそしっかり取り組める環境が整っています。

社会人の副業,複業や主婦などの外出が難しい方へにオススメの働き方です。

 

24時間いつでも個人マンツーマンサポートであなたが結果が出るまで永久的にサポートを継続!

結果が出なければ全額返金対応実施中。

 

こちらもお気軽に料金プランやサポート内容などお問い合わせ下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

LINE@登録

無料相談

Buyma Professional(バイマプロフェッショナル)
  • お問い合わせ内容に関しましてBUYMA概要、サービス料金、サービス内容、副業独立などその他ご不明な点や悩み事などがございましたらお気軽にお問い合わせご相談ください。
  • 各種メディア出演(TV・ラジオ・雑誌等)依頼
  • 各種お申し込み
Name必須
Email必須
Subject任意
Message必須

Top