Loading...

BUYMA(バイマ)市場の変化とこれからの未来

BUYMAは2005年に営業スタート後現在までに様々な変化に対応し続け今現在に至ります。

 

現在では会員登録者数500万人を突破し売上もスタートしてから右肩上がりの企業です。

 

BUYMAは今最も暑い業界のEC事業の激戦区でも自分達のポジションを守っています。

 

それはBUYMA内の事でも同じです。

 

BUYMA内でもパーソナルショッパー同士の激しい激戦の市場の変化やお客様のニーズに答えながら

今まで活動をしてきました。

 

BUYMAは年々前進し進化していく中で

僕達パーソナルショッパーもBUYMAの変化や時代の変化に対応していかなければ行けません。

 

コトラーのマーケティング理論1.0

 

コトラーのマーケティング理論1.0はご存知だろうか?

 

これはマーケティング用語の一つで
市場の変化につれてやらなくてはいけないステージのようなものという認識で構いません。

 

マーケティング理論1.0

 

マーケティング理論1.0とは市場に参入者が少なくお客さ様に提供する商品に力を入れれば

売れるという「製品中心マーケティング」

 

良いものを作っていれば売れる

マーケティングコンセプトは「製品管理」

 

これは創業期に多く見られる現象で製品の4Pを意識すればよいというマーケティング

 

4P
「製品」 product
「価格」 price
「流通」 place
「プロモーション」 promotion

 

マーケティング理論2.0

 

マーケティング理論2.0とは経済や技術の発展により生活に便利な製品が次々と登場しました。

 

この頃から消費者は「生活者」として権利を主張し始めました。

 

 

ですので商品の機能や性能については同じような製品が並ぶようになり

製品の機能などでアピールしても売れない時代になります。

 

だからこそお客様を満足させることをフォーカスして販売すれば良いというマーケティング

 

重要なのは企業と製品のポジショニング
感情的価値観を提供することが必要となります。

 

成長期によく見られます。

 

マーケティングコンセプトは「顧客管理」

 

マーケティング理論3.0

 

マーケティング理論3.0とはインターネットが普及したことにより

インターネットで、人と人、または人と企業が簡単につながるようになったことで、
口コミによる情報はあっという間に広がり、情報は希少なものではなくなりました。

 

企業と消費者が、従来の縦の関係性から横の関係性へとパラダイムシフトを起こした年代です。

 

 

要約すると消費者が自由になり製品やサービスが良いのは当たり前の時代になった。

 

だからこそこれからは
経営理念や商品のビジョンや環境社会的価値などの製品以外の部分に注目しています。

 

成熟期によく見られます。

 

マーケティングコンセプトは「ブランド管理」

 

このマーケティング理論はBUYMAにも置き換えられます。

 

BUYMA不要在庫処理は二次流通マーケティング方式で売れ!

BUYMAでのパーソナルショッパーの歴史

 

BUYMAマーケティング1.0

 

出品していれば商品がバカ売れしていた時代(需要>供給)

ハイブランドを中心に大量出品をしていれば売れていた時代

ツールを使って回転率を挙げていれば売れていた時代

 

BUYMAマーケティング2.0

 

海外買い付けをしていれば差別化できていて売れていた時代

オンラインでVIPをとって他のショッパーとで差別化できれば売れていた時代

国内買い付け、海外買い付け、オンライン買い付けができれば差別化ができ売れていた時代

BUYMAマーケティング3.0

現在、機能性ではない新しい価値観を提供できれば売れる時代

 

今のBUYMA市場

 

2018年現在パーソナルショッパーの参入者が増え続けどこかの港では

BUYMAは飽和していると囁かれていますし

BUYMAはもう稼げないと言われています。

 

断言します。

 

BUYMAは昔と変わらず売れますし稼げます。

 

BUYMAは無在庫で資金無く始められる部分から参入者が多いのがBUYMAの今の現状です。

 

ですので初心者層が増えてしまい初心者が扱いやすいブランドが飽和してしまっているのは事実です。

 

僕達中級以上のショッパーは何のダメージもなく今だに稼げている状態です。

 

BUYMAのブランドの中には初心者が扱いやしうブランドとそうではないブランドが存在します。

 

BUYMAは飽和しているや稼げないと言っているのは

初心者止まりで多数から抜け出す事の出来なかったショッパーが嘆いているのです。

 

今現在BUYMAは成熟期でもあるBUYMAマーケティング3.0に入っています。

 

良い商品であっても売れない時代ですし
他者と差別化できているから売れるという時代ではなくなりました。

 

もちろん全く売れなくなっという話ではなく前ほど売上が落ちているという意味です。

 

僕はいつも言っておりますが
今のお客様はものがなくても幸せと感じられる時代になったのです。

 

だからこそ僕達がこれから戦って行くためには他と同じ土俵で戦うのではなく

独自のブランディングと戦略でいかにお客様とのパーソナルな関係を気付けるかが

最終的にBUYMAで生き残れるかどうかの境目だと僕は思っています。

 

戦術とポジショニング

 

先ほどは大まかなフレームワークを書きましたが

具体的な戦術とポジショニングについて具体的に説明していきたいと思います。

 

これから生き残る為の売り方

安さが売り
・アウトレット仕入れ
・卸仕入れ
・VIP価格仕入れ(セレクトショップ)

 

在庫が売り
・海外買い付けor国内買い付け
・直営店直送仕入れ

 

大体はこの5つのパターンによって分類されます。

 

そしてよく質問などで初級者、中級者、上級者の違いは何ですか?

 

と聞かれることが多いですが一概には言えませんが価格的感覚で優劣を決めるとするのでしたら

初級者と中級者の違いは
自分で商品の価格を下げられるかどうかで決まると思います。

 

初級者の場合はライバルが価格を下げてきたらそこで試合終了です。

 

何もすることはできませんが

中級者以上は自分である程度価格設定をできる分ライバルの変動にあまり動じなくなります。

 

では中級者と上級者違いは

独自の市場とブランディングで競合い自体の競争がなくなる状態だと僕は思っています。

 

BUYMA物が売れない時代に考えるべきことは!?マーケティング視点から解説

まとめ

これからの時代さらに急速に変化スピードが速くなることは間違えないでしょう

 

これはBUYMAに限らず自分で考えないでやっている仕事はいずれはAIや機械に奪われてしまいます。

 

自分で考えて行動することが重要で大切です。

 

これからもBUYMAとパーソナルショッパーが共存共栄できる環境作りを目指していくことが必要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後までブログを購読して頂きありがとうございます。

 

ブログ内で分からない事やご相談、感想などありましたらお気軽にご連絡下さい。

下記のお問い合わせフォームからお待ちしております。

無料であなたの問題を一緒に解決していきましょう(^ ^)

 

BUYMA ProではBUYMAの個別コンサルティングサポートをしています。

 

行政機関認定プロジェクト

「個々が輝く時代に」

個人向け完全カスタマイズ

BUYMAアパレルバイヤー育成プログラム

 

安心に安全に個人が在宅ワークで収益をあげるサポートをしていきます。

 

個人が収益をあげられる時代に
行政機関も推奨事業だからこそしっかり取り組める環境が整っています。

社会人の副業,複業や主婦などの外出が難しい方へにオススメの働き方です。

 

24時間いつでも個人マンツーマンサポートであなたが結果が出るまで永久的にサポートを継続!

結果が出なければ全額返金対応実施中。

 

こちらもお気軽に料金プランやサポート内容などお問い合わせ下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

LINE@登録

無料相談

Buyma Professional(バイマプロフェッショナル)
  • お問い合わせ内容に関しましてBUYMA概要、サービス料金、サービス内容、副業独立などその他ご不明な点や悩み事などがございましたらお気軽にお問い合わせご相談ください。
  • 各種メディア出演(TV・ラジオ・雑誌等)依頼
  • 各種お申し込み
  • *「こちらからの返信ですがごく稀にお客様の迷惑メールに送られることがありますのでお問い合わせ後は連絡が無い場合はお確かめください」
Name必須
Email必須
Subject任意
Message必須

Top